緑内障手術しない最新治療-原因と症状予防方法

MENU

緑内障に関する質問と回答一覧

最新情報Q&A記事一覧

緑内障は、遺伝性が高いと言われていますが、血縁者に緑内障の人が2人以上居なければ、遺伝は特に考えなくても良いとされています。緑内障とは、見たものを脳へと送る目の神経である視神経が眼球内の圧力が高くなることなどが原因で損傷を受けた後、治療せずにそのまま放置しておくことで視野が徐々に狭くなっていき、やがて失明する危険性のある病気です。別名目の成人病とも言われるほど、中高年の発症率が高く、中途失明の原因...

現代医学ではさまざまな病気を治療できるようになってきました。かつてまでは不治の病と言われていたような病気でも革新的な治療法が確立されたことによって治療できるようになったというケースは多くありますし、そうしたことは世界的な寿命の伸びからも理解できることです。しかしこと緑内障という病気に限っていうのであれば、残念ながらまだ現代医学では完治させることができません。病気によって破壊されてしまった視神経が自...

日本での失明原因として最も多いものは緑内障です。慢性緑内障は自覚症状が乏しいこともあり、発見した時にはかなり症状が進んでいる場合が多くあります。慢性緑内障の原因は視神経の異常によるものです。この時の見え方としては、視野の一部が欠けるといったことで気づきやすいように思えますが、実際には人は両目で物を見ていますので片目の視野が欠けていたとしても、もう一つの目がそれを補ってしまうのです。このような働きか...

ある程度年齢を重ねた人に見られる目の病気として有名なのが緑内障です。最悪の場合には視力を失うことにもなりかねない恐ろしい病気であるため定期的に検査を受けているというひとも少なくはないのですが、若い人は「まだ自分には関係ない」として全く検査を受けていないというような人が多く見られます。しかし実はこれは大変に危険なことなのです。ではどうして危険なのか、それは緑内障は20代などの若い人であっても発症する...