緑内障手術しない最新治療-原因と症状予防方法

MENU

眼圧が高い原因と緑内障の眼圧数値について

 

 

緑内障は眼圧が高くなる目の病気です。その原因はそれぞれ異なります。眼圧が上がるのは、水分が中にたまってしまい、その圧により眼圧が上がってしまうことが理由となります。眼圧が上がることにより、視神経が圧迫されてしまい、視野の一部が欠けてしまう視野欠損が怒ります。水晶体には角膜や血管が通っていません。血液からの栄養もない為に、眼球の中にある房水とよばれるにのが栄養分となっています。この房水が原因で眼圧が上がってしまうので、直接的な原因はそれぞれ異なります。ほかの病気を患っている人が、合併症として発症する場合もありますし、全身打撲をして目を傷つけてしまう場合などもあります。そしてステロイド剤を使うことが原因ともなります。日頃から食生活はとても大切になりますので、目に良いビタミン類を豊富に取ることや、新陳代謝を活発にする為には運動をすることなども必要です。眼圧が高くならないようにする為には、日頃からの心がけも必要ですね。

 

緑内障は、40代の人でも発症する人がとても増えています。日本では推定200万人の人が緑内障となっています。眼圧が高くなることにより、視野欠損などの症状が起こりますが、緑内障の患者さんが全てが眼圧が高いという訳ではありません。実は正常値にある人が半分以上もいるとも言われています。緑内障は、眼圧が高いことが原因になることが一般的ですが、しかしほかにも要因がある場合も沢山あります。そのため、直接的な原因を突き止めて、効果的な治療をする事が必要になります。眼圧が正常な場合を、正常眼圧緑内障と呼びます。原因がいまだに解明されていませんが、残りの視野を維持する為の治療を同様に行います。半分近くの人のが眼圧が正常値にあるのですが、初期の段階では症状の自覚もない為に気がつくと症状が進行している場合があります。治療にはレーザー治療や手術、薬を使った方法があります。適切な治療をする事が必要になりますので、信頼の出来る医療機関で診察してもらうと良いでしょう。

 

 

>>緑内障最新治療と手術<<