緑内障手術しない最新治療-原因と症状予防方法

MENU

緑内障は治るのか?失明の可能性について

緑内障は、視野に異常が出てしまうと、元のように戻すことは出来ないと言われています。

 

治療でできることは、残された視野を維持することが可能です。症状の悪化をしない為にも治療となります。緑内障にはいくつかの種類がありますが、その症状により進行を完全に止めるものと、悪化のスピードを緩める治療法方があります。

 

完全に進行を防げる場合には、現状から症状を悪化させることはありません。緩やかに症状を止める治療は、一生緑内障と付き合わないと行けません。

 

不治の病として知られていますが、緑内障は進行具合によって治療方法もことなります。

 

最新医療のレーザー治療で、眼圧を改善することは出来ますが、それでも失った視野を回復することはとても難しいのです。

 

しかしながら、緑内障になった方で点眼薬や手術をせずに、目のトレーニング視力が回復したケースも最近では増えています。

 

>>緑内障を自分で改善する最新方法<<

 

緑内障改善治療方法

 

 

治療では、眼圧を下げることまでしか出来ませんので、緑内障で失った視力を治したいという方にはおすすめです。

 

 

 

緑内障は、40歳以上の人で5%の人が発症しています。
70歳以上になると、10%も発症する人がいる為に、予防をする事がとても必要となります。

 

視野に異常がではじめるとすぐに治療をしないと、症状の進行を止めることが出来ません。とても深刻な病気で、治療をしても失った視野を回復することは出来ません。発見が遅れてしまったり、適切な治療を行わないと失明をする可能性があります。

 

治療をせずに緑内障をそのままに放置してしまうと、症状が進行して10年から20年で失明する可能性があります。

 

私達の視野は、いつも両目を使って見ているために、片方の目に視野欠損を起こしていても、なかなかその症状に気がつく事がありません。
早期発見をすることで治療の効果も上がります。

 

 

定期的な検診を受けることや、日頃からの予防にも心がけると良いでしょう。もし視野に異常を感じたらすぐに眼科で診察をしてもらいましょう。

健康的な生活を送ることで体の免疫力も向上することガ出来ます。

 

 

失明の確率

 

 

緑内障は放置されていると失明することもある恐ろしい病気としてよく知られていますが、失明率はどれくらいなのかという質問は
非常に答えづらい質問です。

 

ではどうして答えづらいのかと言うと、まず緑内障は適切な治療が行われていれば失明することがほとんど無い病気です。

 

特に早期に発見することができ、目薬などの薬による治療がしっかり行われた場合には発症したとしても必要な視力を
その後ずっと温存できるような場合もあります。

 

目薬などでは対処しきれないような状態になってしまったとしても外科手術で眼圧を下げてやれば視力を維持することができますから、そうしたことで考えるのであれば失明はかなり高い確率で防げるわけです。

 

しかし「緑内障の失明率はゼロだ」とも言い切れず、特に発見が遅れてしまった場合や兆候があったにもかかわらず全く病院を受診しなかったということになってきてしまいますと、失明率はかなり高くなるとして考えなくてはなりません。

 

現在の日本での中途失明率、つまり生まれた時には正常な視力があったのに病気などの要因で視力を失ってしまった率は0.14%とされていますが、
そのうち24%はこの病気が原因で視力を喪失したとされています。

 

単純な計算ではありますが0.14%×24%=3.36%ですから、この3.36%という数値が緑内障による失明率だとして考えることができるでしょう。

 

実際毎年2000人ほどがこの病気によって視力を失っているというデータもありますから、適切な治療を行わない場合にはそれなりに高い確率で失明してしまうとしても考えられます。

 

さて、では少しでも失明の確率を低下させるにはどうすれば良いのかという対策の話についてですが、これは何よりも定期的な検査以上のことがありません。

 

視野が欠けるという症状は一見するとわかりやすいようにも見えますが、実際にはそれで病院を受診する人はかなり限られています。

 

これは脳が持つ高度な機能が原因で、視野が欠けたとしてももう一方の健康な目の視界を使うことで見えなくなっている部分がカバーされてしまうのです。
また片目で見たとしても脳はその欠損した視野を無意識に補ってしまいますから、症状が自覚できるような段階になってから病院を受診するというのは対策として遅すぎるのです。

 

若い人であればまだ毎年検査を受けるほどのことではありませんが、少なくとも40代に差し掛かるころからは2?3年に一度の定期健診を心がけるようにしましょう。

 

 

>>緑内障を自分で改善する最新方法<<

 

緑内障改善治療方法