緑内障手術しない最新治療-原因と症状予防方法

MENU

白内障の原因と症状

白内障の原因と症状

 

白内障はそのままに放置しても治りません。治療をする事が必要です。症状はゆっくりと進行していきますので、早期発見して治療をする事が必要になります。白く濁った水晶体が元に戻ることはない為に、早めの治療で症状の進行を防ぐことがとても大切です。白内障の原因は目の老化によることです。白内障は、40代で発症する人は少ないのですが50代、60代になるとどんどんその発症率も上がっていきます。80歳以上になるとほとんどの方が白内障になっているとも言われています。そして糖尿病や、目に傷がある場合なども白内障の原因となります。栄養失調などは若い人でも白内障の原因になりますので、日頃の食生活はとても重要です。そして生まれつき水晶体が濁っている先天性白内障の場合もあります。喫煙や飲酒などの生活習慣も、目の健康には決してよくありません。白内障を発症するリスクが高くなりますので、日頃からの心がけもとても大切になります。

 

白内障は、水晶体の部分が白く濁ってしまい、視力低下を引き起こします。水晶体は、カメラのレンズ部分に当たるため、焦点を合わせたりする大切な働きをしています。遠くのものを見るときには薄くなり、近くのものを見るときには厚くなることが特徴です。白内障の症状としては、明るいところがまぶしく見えたり、夕方になると物が見えにくくなる症状があります。水晶体が濁ると光が反射して見えることが原因です。そして光以外にも、物を見たときに二重や三重にタブって見えるような症状もあります。メガネをしている人は、メガネの度が悪くなったと勘違いしてしまい、白内障の進行に気がつかないこともあります。年齢とともにリスクが高くなりますので、視力低下が始まったらまず眼科での検診を受けることが必要です。早期発見をして治療をすれば治すことができる目の病気です。そのまま放置してしまうと緑内障などの深刻な病気へと進行してしまいますのでご注意ください。

 

>>緑内障最新治療と手術<<