緑内障手術しない最新治療-原因と症状予防方法

MENU

正常眼圧緑内障とは?

緑内障とは、見える範囲が狭くなる病気のことです。
目から入ってきた情報を脳に伝える視神経と呼ばれる神経に何らかの異常が発生することで起こります。

 

この病気の怖いところは、症状がゆっくりと進行するので、病気になかなか気づきにくいという点です。
ある日突然視野が狭くなるのではなく、徐々に見える範囲が狭くなっていきます。

 

>>緑内障を自分で改善する最新方法<<

 

緑内障失明

 

 

 

 

両方の目の症状が同時に進行することは稀で、病気がかなり進行するまで、なかなか気づくことができません。治療が遅れると、失明する可能性もあります。以前は高齢者の病気であると考えられていましたが、最近では40歳を過ぎれば誰でも発症する可能性があることが分かってきました。自覚症状がなくても定期的に眼科健診を受けるのがおすすめです。
緑内障を起こす視神経の障害は、通常眼圧が上昇することで起こります。

 

眼圧とは、目の内側からかかる圧力のことです。私たちの目の内部には房水という液が循環しており、その液が常に内側から圧をかけています。この圧を眼圧呼び、房水の量によって決まります。検査では10〜12mmHgの範囲であれば正常であるとされています。一般的な緑内障は、この眼圧が高くなることで視神経が圧迫されて障害が起こります。他にも、目の中にある隅角と呼ばれる部分がふさがってしまったり、房水の排出路が詰まるなどして起こる場合もありますが、これらはすべて眼圧が上昇します。

 

 

しかし中には、眼圧が正常値なのに病気が起こることがあります。

 

これが正常眼圧緑内障です。

 

これは発病のメカニズムがよく分かっていない病気です。一般的には何らかの原因で視神経が傷ついたり萎縮したりすることで視野が狭くなると考えられています。正常眼圧緑内障は、進行がゆるやかで自分では気づきにくい病気です。かなり悪化するまで自覚症状がなく、なんとなく見えにくい、と思ったときにはかなり進行していた、というケースも少なくありません。

 

早期発見には検査が必要になりますが、眼圧が正常値であるがゆえに眼圧検査だけでは発見が難しく、眼底検査や視野検査も併用する必要があります。眼底検査は眼底にある網膜や視神経の状態を調べる検査で、視野検査は視野がどれくらい狭くなっているか、その進行具合を調べる検査です。

 

治療では、房水の生成を抑えたり、排出を促したりするための点眼薬が用いられます。これは眼圧を下げる効果があります。眼圧が正常値でも、そこから更に下げることで病気の進行が抑えられることが分かっています。点眼薬で効果がない場合はレーザー治療や手術を受けることになるため、分からないことは医師に相談して十分に話を聞いておくことが大切です。