緑内障手術しない最新治療-原因と症状予防方法

MENU

緑内障の症状と原因

 

 

緑内障は40代以上の方によく見られる目の病気です。近年では患者さんの若年化もとても問題になっています。40歳前後の方は、眼科検診を受けることをオススメします。緑内障は悪化すると最悪失明をする恐れもありますので、早期発見早期治療をする事が必要になります。この病気の症状としては、視野が欠けることや、狭くなること、そして視力の低下があげられます。緑内障のタイプにより、徐々にこのような症状が起こる場合と、急に発症をする場合があり、症状が急激に悪くなる場合もあります。一般的には自覚症状がほとんどなく、自分で異常に気がついたときには、かなり症状が進行している場合がほとんどです。その為、多少でも目の見え方に異常を感じたら、すぐに眼科で診察をすることをオススメします。視神経の働きは、徐々に悪化することが特徴ですから、眼に異常を感じることはあまりありません。急性の緑内障の場合には、目の痛みなどがありますので、すぐに異常に気がつきます。

 

緑内障の原因は、前房内の房水が隅角から正常に排出されずに、眼球内の圧力が上がってしまうことが原因です。しかし眼圧が上がる直接的な原因がわからない患者さんがとても多く、そのために、日頃の目のチェックはとても必要となります。主に考えられる原因としては眼圧が一日のなかで特に高くなる時間があることや、視神経が弱い場合などがあります。眼圧は同じでも緑内障を発症する人としない人がいますので、定期的にチェックをする事が大切です。そして強度の近視の方、低体温の方、冷え症、低血圧の方なども緑内障を発症するリスクが高いといわれていますので、一度検査を受けることをオススメします。血行の悪い方は、視神経にも悪影響になる為に、目だけを意識せずに日頃の体調管理もとても必要になります。そして近視の方は、その程度が高い程緑内障になるリスクが高い為に、定期的に目の検査を受けることが重要です。早期発見をして治療をする事が効果的ですね。

 

 

>>緑内障最新治療と手術<<