緑内障手術しない最新治療-原因と症状予防方法

MENU

緑内障の名医の紹介−経歴や病院名

緑内障とは、眼圧が高まることで視神経が圧迫されるものと、眼圧が正常にも関わらず、圧力に耐えられない場合があり、どちらであっても目の痛みや頭痛、吐き気などが起こります。名医として手術件数が多い都道府県を上位5位まで紹介すると、金沢大学附属病院、新潟大学医歯学総合病院、広島大学病院、群馬大学病院、北海道大学病院となります。手術実績はどこも200件は優に超えていますが、その中で名医として挙げられているのは、金沢大学附属病院の診療科長をされている、杉山和久氏です。経歴は、1958年生まれで、1984年金沢大学医学部卒業。卒業後、岐阜大学眼科に在籍し、岐阜大学助教授を経て、2002年金沢大学教授として就任。主な研究テーマは、緑内障の基礎と臨床という、将に専門家として研究し続けてきた名医です。基本姿勢として、和の精神、教室は道場、医師は教師の3つを掲げており、日夜研究と診療に身を捧げています。また、5位以内に入っていないものの関東では、東邦大学医療センター大橋病院眼科の緑内障外来が有名であり、診療部長の富田剛司氏が名医とされています。経歴は、1980年岐阜大学医学部を卒業し、同大学の付属病院眼科に入局。1999年東京大学大学院医学系研究科眼科学助教授に就任。2007年東邦大学医療センター大橋病院眼科教授に就任しています。日本眼科学会の専門医であり、指導医である外、日本緑内障学会理事もされています。専門分野ではありますが、眼科の他の分野でも治療成績が海外でも注目されています。3人目は、岐阜大学医学部付属病院の眼科長である、山本哲也氏です。経歴は、1979年東京大学医学部を卒業し、東京大学眼科学教室に入局。1985年には、山梨医科大学の眼科講師に就任し、1988年から1990年の間は、文部省在外研究院として活躍されています。そして、1991年に岐阜大学眼科講師に就任、1996年に岐阜大学眼科助教授を経て、2000年に岐阜大学眼科教授となられています。現在は、日本緑内障学会の理事長も務められており、権威としてNHKテレビ放送の、ためしてガッテンにも出演されています。現在日本全国に有名な病院と名医が在籍していますが、この3人は特にこの分野に関しての専門家であると同時に臨床家であり、通える距離であれば、一度は診療していただきたい方々です。ここに挙げていない方も上記5位以内の病院だけでなくたくさんおられます。