緑内障手術しない最新治療-原因と症状予防方法

MENU

緑内障の点眼薬

緑内障は現在の日本で失明する確率が一番高いと言われている病気です。物を見るときに重要な視神経が目の圧力である眼圧が高くなることで圧迫されてしまい、視力に障害が出てしまう病気です。物が欠けて見えるという症状が自覚症状としてありますが、人間は2つの目を持っているためどちらかの目で欠けてしまった視野はもう片方の目でフォローしてしまうという性質があるため、40代以上の20人に1人が患者であるにも関わらず放置してしまいがちで、気づいた時には症状が進行してしまっていることが多い病気です。一度失ってしまった視力は取り戻すことができないため、初期のうちに治療を行うことが重要となります。視界がおかしいと感じたら、なるべく早く医師の治療を受けるようにしましょう。医師の指導を守って治療していけば、一生付き合うことにはなりますが失明を逃れることもできる病気なのです。

 

治療は視神経を圧迫している眼圧を下げるものになります。眼圧を下げるために使われるのは点眼薬です。視神経を圧迫する原因となる眼圧を下げるためには、目に栄養を与える役割と眼球に張りを与えて圧力を保つ房水の流れを良くするか、生産量を抑えるという2つの方法があります。点眼薬もこの2つの働きで眼圧を低下させる作用があり、第一選択薬として使われるのは房水の流れを良くするものです。効果がなければ別の物に変更したり、作用の違うものを組み合わせて使うこともあります。点眼薬でも眼圧が下がらない場合には、レーザー治療や手術を行うことになります。
点眼薬は緑内障の原因の根本的な治療にはなりません。あくまで対処療法として眼圧を下げ、視神経に障害が出ないようにするためのもののため、毎日継続して使わなければ意味がありません。初期の緑内障では視野の欠けを感じることがない場合も多くデメリットを感じないため病院に行かなくなってしまう人も多いのですが、失明のリスクを軽減するためにもきちんと医師の治療を受けることが重要です。
また、点眼薬だと言っても副作用が出ることがあります。目に出るものならわかりやすいのですが、身体全体に副作用が出てしまう可能性があります。1日1滴だと決まっているのもは1日1滴だけにとどめます。症状を早く軽減させようとして何滴も点眼しても、その薬は鼻腔を通って体内に侵入し、副作用を引き起こしてしまう危険性が高くなってしまいます。また、目にさすもののため目の周りに色素沈着が起こってしまうものもあるため、使用の際には注意が必要です。
"