緑内障手術しない最新治療-原因と症状予防方法

MENU

緑内障とは?最新治療方法や種類

緑内障とは?治療方法は?

 

緑内障は、そのまま放置してしまうと、最悪失明をする恐れもあるほど深刻な目の病気です。緑内障は、視神経が慢性的に圧迫されることにより起こります。視神経が障害を起こし、視野欠損の原因となります。急激に眼圧が上昇してしまい、吐き気、頭痛、目の痛みなどを一時的に起こすこともあります。日本では40代以上の人の中で20人に一人は緑内障の患者さんがいるといわれていますので、決して人事ではないのです。緑内障は、眼圧が症状を進行させる原因になっていますが、視神経が弱い人であれば、眼圧が高くなくても緑内障を発症することもあります。その為、視神経が強い目の方が、緑内障にはなりにくいと考えられます。そして眼圧以外にも視神経乳頭の循環障害なども原因となりますので、目の健康を維持することが大切になります。気になる症状がある場合には、すぐに眼科に行って診察をしてもらいましょう。早期発見をする事が、治療にもとても効果的になります。

 

緑内障の治療方法ですが、原因となる眼圧を下げる為には、まずは点眼薬を使うことが一般的な治療方法とされています。しかし薬で眼圧が下がらない場合には、視野欠損が進行する恐れがありますので、そのような場合には手術をすることもあります。基本的に緑内障は、進行してしまった視野欠損を回復させることは出来ませんので、治療としては残されている視野を維持する方法が一般的に行われています。緑内障の中でも、急に発症する場合がありますが、眼圧が急激に高くなり、吐き気などの症状を伴うことがあります。早急に治療をする事が必要になりますので、目に異常を感じたらすぐに眼科医に相談をしてください。悪化すると失明をする恐れもあります。緑内障になるとずっと点眼薬を使うことになります。ほかの点眼薬の使用などは制限されることもありますので、治療に関してはその人の症状の進行により異なります。医師の指示に従って根気浴治療を続けて生きましょう。

 

>>緑内障最新治療と手術<<